So-net無料ブログ作成

大山のぶ代を支え続ける夫、砂川啓介の経歴とは? [大山のぶ代 認知症]

大山のぶ代が認知症を患いながらも一緒に協力しあい暮らしてきた夫、砂川啓介。 5月13日、TBSラジオ「大沢悠里のゆうゆうワイド」にて妻である大山のぶ代が 認知症であることを告白した。病に苦しむ大山を一生懸命に支え続ける砂川。
今回はそんな献身的な大山のぶ代の夫の砂川啓介の経歴を綴ってみた。

20130710_oyama_14.jpg
http://www.officiallyjd.com/archives/265586/konica...より引用


名前  砂川啓介(さがわけいすけ)

年齢    78歳

本名  山下啓一(やましたけいいち)

生年月日  1937年2月12日

出生地   日本 東京都

職業    俳優、タレント

ジャンル  テレビドラマ、バラエティ番組

配偶者   大山のぶ代

※Wikipediaより引用


1961年NHKの「うたのえほん」(後のおかあさんといっしょ)に出演。
なんと初代たいそうのお兄さんという…コレは凄い…。

大山のぶ代と出会ったのは1963年8月に共演した舞台「孫悟空」から。
結婚するきっかけは、ドライブデート中にお互い夫婦を演じてその場にいた不良に絡まれている
学生を助けたことから意識し始めたという。

2001年には「カミさんはドラえもん」という夫婦生活37年の歴史を綴った本を出した。

最近ではラジオパーソナリティ、講演活動を主に活動しているとのこと。



やっぱり大物声優が妻だと旦那さんも何かと忙しいだろう。

一般夫婦にはない悩みや苦悩もありながらも今まで2人で寄り添ってきた …その絆はまちがいなく本物だろう。


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。