So-net無料ブログ作成

お酒の恐ろしさを今一度振り返ってみる [ネタ]

お酒

身近にある嗜好品であって…時にそれは劇物でもある。 飲みすぎたり、吸い過ぎると身体に影響をおよぼすっていうのはもはや周知の事実だろう。みんなわかってるはずなんだよね、飲み過ぎると身体に悪いっていうことは。
なのにも関わらず、それでもわかっているのに飲んでしまう。

sake_index.gif
http://www.zenyaku.co.jp/k-1ban/file/sake/より引用


多分その事実を知らないで飲んでいる人なんかいないんじゃないかな?

「病気とか気にしてたら何もできないだろ!」 「飲みニケーション!!」 「一杯だけ…ちょっとだけ…」 「やった成人になった!やっと酒が飲める!」
そう言いつつお酒を飲んだ時点でもれなく

・急性アルコール中毒 ・二日酔い
の可能性が約束される。
さらに飲み続けると

・アルコール依存症(アル中) ・高血圧
にもなるかもしれない。
もっと…浴びるように飲むことで

・心筋梗塞 ・心不全 ・脳梗塞 ・肝疾患 ・メタボリックシンドローム ・糖尿病

になる危険性も増す。
ここまで来るともう死神はすぐ隣で笑ってますよ~とのことだ。
でも確実に死に近づいているのにも関わらず人はお酒を飲み続ける。

「お酒が飲めることは一つのコミュニケーションツール」

こういう人がいるけど…それで死んでしまったら元も子もない…だろ?
飲み会で度々おこるイッキ飲みで死ぬってね…これほどしょうもない死に方ってあるのか?

とにかく毎日お酒を飲んでいる人は今一度生活を振り返って欲しいね。 ちなみに僕は基本お酒は控えてる。

父親が上に書いてるような人だから反面教師としていかしてます。


スポンサーリンク



タグ:
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。