So-net無料ブログ作成

剛力彩芽にはなぜアンチが多いのか? [剛力彩芽]

CDを出したり、数々のドラマに主演抜擢されるなど大人気の剛力彩芽。 少し前はランチパックのCMなどにも連続で出演し、今や彼女を知らない人はいないだろう。しかしその一方で、

「剛力彩芽が出るドラマはどれも視聴率が低い」

「どうして剛力彩芽ばかりをドラマにキャスティングするの?」
など批判的なコメントもあるようだ。

ayamegouriki.jpg
http://www.oricon.co.jp/news/2036238/full/より引用

なぜかと言うと、理由は単純で剛力が主演したドラマは殆どが低視聴率を収めているのだ。
最近ではテレビ朝日の「天使と悪魔」では視聴率が6%台を超えることなく放送が終了し、
2013年のドラマ「ビブリア古書堂の事件手帖」では月9ドラマであるにも関わらず
最終回が2ケタになることもないまま終わったなど、俗にいう

「低視聴率女優」のレッテルが貼られつつあるのが現実だ。

もちろん低視聴率となる全ての原因が剛力だけなのではないが、
こうも連続で剛力主演のドラマが低い視聴率だと、彼女に目を向けられるのも仕方がないのか?


【コメント】
アンチは何処の誰にでも存在するものだと思ってるけど、
剛力彩芽は特にアンチの数が多い気がする。

でもアンチとファンの数は比例するって聞くし、それだけ彼女が
注目されてるってことなのかもしれない。


それでなぜやたら剛力が嫌われてるのかというと、おそらく僕が思うに
実写版ドラマの主演が多いからだと思う。
実写版ドラマを見る人の中には必ず、原作のファンがつきもので原作と
ドラマを比べてみてしまうケースが多いと思う。
それでそこから生まれる原作とドラマとのギャップだよね…。
ギャップが凄すぎて(悪い意味)評価が悪くなってしまう。

だから剛力が悪いんじゃなくて、実写版ドラマそのものがハードル高いんだよ…。


【まとめ】 ・剛力彩芽はアンチが多い。 ・剛力彩芽はが嫌われているのは実写版ドラマの起用が多いから。



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。