So-net無料ブログ作成
松島水族館 東日本大震災 ブログトップ

88年も続いた水族館がついに閉幕… [松島水族館 東日本大震災]

5月10日、宮城県松島町のマリンピア松島水族館が 長い歴史を経て、ついに幕を閉じるようだ。

PICT0212.jpg
http://houtoumusko.pepper.jp/kenbunroku/3-13matsus...より引用 松島水族館

マリンピア松島水族館は1927年(昭和2年)から
始まり、日本でなんと2番目に長い水族館だ。

年間入館数が約35万人、売上が約6.3億円と 松島町の観光地の一つとして賑わせてきたが、

2011年3月11日に起きた東日本大震災による被害
が凄まじく、営業停止していた。

スタッフの一生懸命の対応と全国の水族館からの支援を
受け、4月23日になんとか営業を再開するもやはり 老朽化には勝てなかったようだ。


88年という歴史に幕を閉じるという涙ぐましい結果には なってしまった。

しかし、そもそも88年間もやってこられたのは地元の人たちや
観光客の力でもある。それほど松島水族館は多くの人から
支えられたのだからここまでこられたのだろう。

3、4月には例年の2倍の入館者があったが、ゴールデンウィーク
中はさらに入館者が増えることだろう。

5月10日、マリンピア松島水族館が本当に最期の時、 地元の方達や思い入れのある入館者達の温かい涙で迎えて終わるのなら これほど嬉しい事はないのではないだろうか?

月並みな言葉かもしれないが、水族館は無くなっても
心に残る思い出さえ無くならなければ

それは一生、人の中で生き続けるのだ。
松島水族館 東日本大震災 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。