So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

大物声優、大山のぶ代がある病に冒されていた…!? [大山のぶ代 認知症]

26年もアニメのドラえもん役を務めた大物声優、大山のぶ代(78)が現在認知症であり、 闘病中であることがわかった。
認知症であることが公になったきっかけは大山の夫、砂川啓介さん(78)がTBSのラジオ番組
「大沢悠里のゆうゆうワイド」で自ら語ったということ。


砂川によると、認知症とわかったのは数日前で、現在は症状が出たり出なかったりである。


自身で歩くことは出来るが、さっき口にした言葉をすぐに忘れてしまったり、以前は
出来た料理もできなくなったり、自分の力でお風呂に浸かることさえ厳しいという。

このことに大山自身は病気については自覚的で彼女が所属する事務所も、「声優を続ける
という意思はある」とコメントしておりこれからも声優業に携わりたい意志が見える。

大山は2011年11月に脳こうそくを患ったが無事に退院し、ゲーム「ダンガンロンパ」
で声優を復帰、モノクマ役を担当しドラえもんとは180度違うダークなキャラを演じ、
そのギャップ差にネット中が驚きに包まれた。

僕もダンガンロンパ見てたけど、びっくりしたもんなぁ…。
本当に大山のぶ代さんなの!?って終始びびってたからね…。

でも…また大山のぶ代さんの声がアニメで聴けると思ってた矢先に認知症が…つらすぎる。


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。